アクセラレーターの役割

JaSFAの目指す世界

Japan Search Fund Accelerator (JaSFA) は、投資家・事業オーナー・サーチャーの三者をつなぎ、日本におけるサーチファンドのノウハウを蓄積することで、
多様な社会課題を解決する「サーチファンド」を日本に根付かせ、拡大再生産を行うサステイナブルなエコシステムの構築を目指します。

JaSFAの役割①:サーチャー支援

JaSFAでは、メディアや講演を通じて、日本のトップエリートにサーチファンドを紹介するとともに、サーチャー候補の見極め、投資、投資後の支援を行います。支援内容としては、サーチ方法の指導、中小企業情報収集のためのネットワークの提供、企業の見極めや成長戦略立案の支援、弁護士や税理士の紹介、社長就任直後の会社変革支援、事業運営中の戦略相談やエキスパートの紹介、等が含まれます。

JaSFAの役割②:中小企業へリーチ

より多くの事業オーナーに、事業承継手段としてのサーチファンドの存在を知り、そのメリットを感じていただくべく、説明会や情報発信を行ってまいります。状況に応じて、サーチファンドでの事業承継を望まれる会社様には、サーチャーに「見つけてもらう」のを待つ代わりに、こちらからサーチャーのご紹介をさせていただく場合もございます。社長経験のないサーチャーに、安心して社員や会社、お取引様を任せていただけるよう、サーチャーのサポートと育成にも力を入れ、事業オーナーの皆様に安心してサーチファンドを検討いただける環境を提供します。

JaSFAの役割③:投資家の呼び込み

海外での投資実績を発信するとともに、日本での投資実績を積み上げることで、サーチファンドに興味を持つ投資家層を開拓します。地銀や信金と連携しての「地域限定」サーチファンド専門投資組合(Fund of Search Fund)の設立や、企業と連携しての「業種/活用技術限定」サーチファンド専門投資組合の設立も可能です。最終的には、成功して富を手にしたサーチャーをサーチファンド専門投資家として迎え入れることで、前世代による次世代育成コミュニティの構築を目指します。

PAGE TOP